記事一覧

あまがみ論(包丁編)

牙を無くした狼は
狩りに出ても
あまがみになってしまい
狩りは成功しないのだ!!


と言う事が
狩野英孝の『あまがみ hold me』で
発表されてから約1年、

当初は、
目からうろこの驚愕事実に
人々は感嘆した訳ですが、
今では常識となっています。


そして、
このあまがみ論から
導き出された新たな理論が、

牙を無くした包丁では
物は切れないという
あまがみ論(包丁編)だ。


当初は、
目からうろこの驚愕事実に
人々は感嘆した訳ですが、
今では常識となっています。


そして、
ご訪問、ありがとうございます







今日は
日頃のハードワークにより
包丁が切れにくくなっている
気がしたので、
包丁研ぎに挑戦しました。


包丁研ぎは
以前の職場でも
行っていましたが、

独学即ち適当に
研いでいたので、
研げば研ぐ程
切れ味が悪くなります。


そこで
大将に研ぎ方を
ご指導・ご鞭撻いただきました。


包丁を研ぐ時の
ポイントは

包丁の先と根元を
多く研ぐ事と
包丁の角度に合わせて
研ぐ事だそうです。


おっかなびっくりで
研いでいった結果、
少しだけ包丁の切れ味が
増した気がします。


すこしずつ
包丁研ぎをマスターして
いきたいと思います。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生鞍弥太郎

 名前:生鞍弥太郎

 ご訪問いただきまして、
 ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

 ブロともになってくれる方、
 よろしくお願いします。
 

 この人とブロともになる


カウンター