記事一覧

トータルで考える ~エピローグ~

昨日から始まり、
はやくも大好評を頂いている

いや、
そんなはずはない
【トータルで考える】


本日は、
いよいよ
中日ドラゴンズの
暗黒時代の終焉を紐解く
エピローグの始まりです。


その前に
プロローグは
こちら→トータルで考える ~プロローグ~


そして、
ご訪問、ありがとうございます。


otiaikanntoku.jpg




中日ドラゴンズの
暗黒時代の礎を築いた
高木守道監督の
後を引き継いだのは、
谷繁元信監督です。


谷繁監督には、
選手兼任という
オプションが付きました。


多くの
中日ドラゴンズファンの
期待を受けてスタートした
谷繁政権ですが、

成績は
下降線まっしぐら。


今年は、
いよいよ
18年ぶりの最下位を
手中に納めています。


暗黒時代を
確固たる物にしてしまった
谷繁監督ですが、

『谷繁は良い監督になる!』
と、谷繁監督を推したのが、
中日ドラゴンズ現ゼネラルマネジャー、
落合博満前々監督です。


落合氏も
権藤氏と同じく
トータルで考える方で、

最終的に
優勝すれば良い
という考え方です。


そして、
行く末は、
また監督をやりたいと
思っているはずです。


そこで、
退任後に、
高木守道監督でチームを乱し、

優秀な監督になりそうな
谷繁元信監督の足を引っ張り、
さらには
選手兼任という足枷も付けて、
退任に追い込み、

落合博満待望論の
風潮を作り上げ、
監督に返り咲く寸法です。


現に
落合氏は
ゼネラルマネジャーとして、
大した補強をしていませんし、

谷繁政権に
スパイさながらに
落合政権時代の参謀の
森繁和ヘッドコーチを
送り込んでいます。


落合氏を
嫌いな人は多いでしょうが、
自分は、
落合博満の大ファンです。


落合監督の持論、
『勝つ事が最大のファンサービス!!』


ごもっともだと思います。


勝たなきゃ、
ファンは喜べないのです。


中日ドラゴンズの
暗黒時代を終わらせるには
落合監督復活しかないと

トータルで考える
〈完〉




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生鞍弥太郎

 名前:生鞍弥太郎

 ご訪問いただきまして、
 ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

 ブロともになってくれる方、
 よろしくお願いします。
 

 この人とブロともになる


カウンター